ARTICLE健康 コラム|記事

ベストパフォーマンスでは、ご提供する健康にまつわるコラムをご提供しております。
今回のテーマは「「自分に似合うヘアスタイル」」です。ぜひご覧ください。

ARTICLE THEMA「自分に似合うヘアスタイル」

男性の似合うヘアスタイルは、最近は多様化してきています。
前回の「自分に似合うヘアスタイル」を見つける方法で合わせのポイントについてお話しました。

今回は実例のパターンを3つご紹介します。

最近、髪が細くなり、頭頂部や生え際が気になる方

男性の場合は、誰でも頭頂部や生え際の髪が細くなったり、薄くなったりします。
それは男性ホルモンと関係しているのでしかたありません。

それを隠そうとして、少し髪を長めにしたりするとかえって髪の薄さが目立ってしまいます

髪が薄くなってきたり、細くなってきたりするとトップのボリュームが出なくなります。
それなのに髪を長めにしてしまうと、サイドにボリュームが出てしまい、余計にトップのボリュームが無くなって見えてしまいます。

ではどうするか?
そういう時はサイドをしっかり短くすることで横幅を狭くします。
そしてトップの長さも長い場合は、切って高さを出します。

そうするとサイドがタイトになり、トップにボリュームが出ることで頭頂部の薄さが気にならなくなってきます

さらに前髪を作り、髪を前から横に流すようにします。

頭頂部から前の髪は、ほとんどが前に向かって生えているので、それを無理やり後ろに流すと根本の薄さが目立ってしまいます。

前髪を下ろすようにしつつ、斜め横に流すようにすることで生え際の薄さを目立たせません。

髪にクセがあってボリュームが出やすい方

思い切ってツーブロックにしてみてはいかがでしょうか?
ツーブロックと言ってもサイドの刈り上げの幅は色々変えられますし、刈り上げをすごく薄くすることも、長めに刈り上げることも色々できます。

それほどクセは強くないけどサイドのボリュームだけが気になる方は、あまり高い位置まで刈り上げずにこめかみくらいまでを少し刈り上げます。

髪全体のクセが強い方は、あえてそのクセを生かすようにサイドをしっかり刈り上げます。
残った髪を遊ばせるようにスタイリングすると、個性的で手入れの楽なスタイルになりますよ。

白髪が気になる方

髪が長ければもちろん白髪も長くなり、その分白髪の分量も多く見えてしまいます。

アレルギーで染められない方や染めるのが面倒な方は、その白髪を生かすようにあえてしっかりショートヘアにするのがおすすめです。

サイドはスッキリさせて、トップの長さも短くして動きのあるようなカットをします。

そして、大事なのはスタイリングです!
今、人気のあるスタイリング剤にはグリースやジェルのように、ウエット感じに仕上がるものがたくさんあります。

ウエットな感じにすることで髪のトーンが下がり、白髪も暗くなってグレーっぽく見えます。
ロマンスグレーのヘアに憧れる方も多いはず。

ショートカットのヘアスタイルに合わせて、スタイリング剤を使い分けるとシャープなイメージを作ることができますよ。

40代50代の男性にとってヘアスタイルを変えることがチャレンジになることも多いと思いますが、リモートワークが増えたりしている今こそ、ヘアスタイルを変えてイメージチェンジして気分も変えてみるのはいかがでしょうか?

この記事を書いたライター
近藤 澄代 ヘアー&メイク:美容師 / メンタルケア心理カウンセラー / Best Performance サポーター
多くの有名アーティスト・タレントのヘア&メイクを担当。髪の事、皮膚の事、メイクの事を常に研究し、オリジナルのオーガニックシャンプーやコンディショナー、化粧水、頭皮美容液、まつ毛美容液、開発プロデュースもてがけている。YouTubeチャンネル「50のみかた」では、40代・50代の皆さんに役立つおしゃれ情報を発信中!是非ご覧ください。

RECOMMEND ITEM

この記事を見た人におすすめの商品

  • 乳酸革命+α乳酸革命アルファ
    持久系スポーツで欠かせない一時的に滞ってしまった乳酸を、いち早くエネルギー源へと作り直すためのサプリメント